道尾秀介

【読了記録】カラスの親指/道尾秀介(いい詐欺師おるわ)

さっさ

どうも、さっさです。
道尾秀介の小説『カラスの親指』を読みました。
ネタバレ無しの忘備録です。

青字をタップすると、Amazonの商品ページにいけます。

スポンサーリンク

読んだきっかけ

AmazonのKindle Unlimitedのオススメに出てきました。(時期によって、対象書籍が変わります。)

道尾秀介の小説は読んだことがないので、いい挑戦と思ってポチりました。

調べたら、阿部寛主演で映画化されているんですね↓もっと早く知りたかったー。

ちなみに小説はKindle派。

読書端末はKindle Oasisを使っています。読書端末はいいですよ。スマホみたいに不要なものをだらだら見てしまうこともないし、通知に気を取られることもありません。

あらすじと感想

人生に敗れ、詐欺を生業として生きる中年二人組。ある日、彼らの生活に一人の少女が舞い込む。やがて同居人は増え、5人と1匹に。「他人同士」の奇妙な生活が始まったが、残酷な過去は彼らを離さない。各々の人生を懸け、彼らが企てた大計画とは?息もつかせぬ驚愕の逆転劇、そして感動の結末。「このミス」常連、各文学賞総なめの文学界の若きトップランナー、最初の直木賞ノミネート作品。第62回日本推理作家協会賞受賞作。

「BOOK」データベースより

詐欺師のタケ(阿部寛)とテツ(村上ショージ)。

そこに姉妹と姉の彼氏と猫が紛れ込んで、5人と1匹による奇妙な生活が始まります。

詐欺師に窃盗犯にマジシャンと、何とも独特な組み合わせの人たち。そして猫。小説ならではの世界観が読んでて心地いい。

タケはヒグチという人物に追われているのですが、5人で仕返しをしようという大作戦が始まります。

終盤には確かに驚愕の逆転劇と感動の結末が待っています。

これ以上はネタバレになってしまうので、なかなか書きづらいのが悔しいですが、仕方ありません。

タイトルの「カラスの親指」というのも印象的。

カラスは死ぬと仲間に食べられてしまい、すぐに忘れ去られてしまうもの。

人差し指(お母さん指)と小指(赤ちゃん指)をくっつけるのは難しいですが、親指(お父さん指)を使うと、3つの指がちゃんとくっつきます。

「家族ってのはね…」という感じでテツが話す場面があるのですが、これがなかなかの名シーン。

映画は見ていませんが、村上ショージがきっといい味を出しているのでしょう。

このくだりが分かると、読む前は謎だった「カラスの親指」というタイトルが、味わい深くなってきます。

犯罪者を通じてエンタメと感動があるのは、伊坂幸太郎の小説と似ています。似ていますが、今のところ道尾秀介の方がスッと入ってきますね。

伊坂幸太郎の小説は、どうも「死」の扱いが軽くて、エンタメ感が僕には独特。何冊か読みましたが、素直に受け入れられなくて、しばらく離れています。

タイミングかな。

伊坂幸太郎もまた読んでみることにします。

まとめ

いかがでしたか?

今回は道尾秀介の小説『カラスの親指』の読了記録でした。

前半はエンタメ感が強いです。特定のミッションや謎も無く、一体何をやっているんだろうと思ってしまいました。

ですが、終盤ではちゃんとどんでん返しと感動が待っています。

このギャップがわざとらしくなく、素直に受け入れることができます。

いい小説です。

この小説には『カエルの小指』という続編があるんですね。

読むっきゃない。

それでは、また。

スポンサーリンク
ABOUT ME
さっさ
さっさ
塾講師。読書家。
1982年生まれ。愛知県一宮市の塾講師。読書量は年間100冊以上。勉強のやり方、自己啓発や心理学、ビジネスや哲学関連は読み尽くし、現在は小説が中心。読了記録を書き残しています。参考になればうれしいです。
記事URLをコピーしました