小説

【読了記録】人生に詰んだ元アイドルは、赤の他人のおっさんと住む選択をした/大木亜希子

さっさ

どうも、さっさです。
大木亜希子の小説『人生に詰んだ元アイドルは、赤の他人のおっさんと住む選択をした』を読みました。
ネタバレ無しで振り返ります。

スポンサーリンク

読んだきっかけ

「映画.com」というサイトで原作小説があるものを探して、これにピンと来ました。

いつもミステリー小説が中心なので、たまには殺人事件がないものもいいかなー、と。

あらすじと感想

仕事なし、彼氏なし、元アイドルのアラサー女子。夜は男性との「ノルマ飯」、仕事もタフにこなしているつもりが、ある日突然、駅のホームで足が動かなくなった。そして、赤の他人のおっさん(56歳)と暮らすことに―。読めば心が少し軽くなる、元SDN48の実録私小説。

「BOOK」データベースより

元SDNですか。う〜ん、知らないなー。何の略なんだろう?

さすがにAKBやSKEは分かりますが、SDNとは。ちょっと考えてみよう。

…仙台?Nが謎。

…佐渡?Nが謎。

…まさかのシドニー?

分からん。よし、調べよう。スマホをポチポチ。

ん?「Saturday Night」だって?場所ちゃうんかい!

さて、56歳のおっさんと暮らすことになった亜希子。

このおっさん、ササポン(名字の笹本から)と呼ばれています。

実は僕、高校の時にササポン(名字の佐々木から)と呼ばれていたことがありまして、急に青春時代がプレイバック。まあ、たった1人の女の子から呼ばれていただけですけども。でもその子とはそこそこ親しかったので、つい思い出してしまいます。懐かしい。元気にしてるかな。

この小説のササポンはすごく大人。50代のバツイチ。

亜希子は元アイドルの美貌にも関わらず、恋愛関係には発展しません。

おっさんと1つ屋根の下で暮らしながら、亜希子のすったもんだを追いかけていくのが、この小説です。

芸能活動をしていても、バイトを辞められない。

自分からグループの名前を取ってしまったら何も残らないというプレッシャー。

読んでいるとアイドルの大変さが分かります。

仕事に恋愛に落ち込む亜希子。

そこに淡々とアドバイスをしたり、風邪を引かないように毛布をかけてあげたりするのがササポン。

この小説ではササポン側の心情が描かれていません。そこがまたいいのかな。

この状況で恋愛に発展してしまうと、また違った話になってきてしまいますからね。

男性読者からすると、正直物足りないところはありますけども仕方ないですね(汗)。

この小説を読むと、多くの女性読者に共感を呼ぶと思います。

元アイドルの太ってしまったアラサー女。色々大変なんだけど、ササポンの淡々とした優しさが温かい。そんな印象です。

全部で183ページしかないのに、第10話プラス文庫本で追加された2話という感じで、細かく話が分かれているのが読みやすい。

まとめ

いかがでしたか?

今回は大木亜希子の小説『人生に詰んだ元アイドルは、赤の他人のおっさんと住む選択をした』の読了記録でした。

今まで男性作家のミステリーやハードボイルドをたくさん読んできました。

やっぱり女性の作家となると、人の描き方が違いますね。

急なコンパの前に無理やりおしゃれしようとするシーンがありますが、こういうシーンはなかなかないし、男性としては「へぇ」と思わされます。

また機会があれば、他の小説も読んでみようかな。

それでは、また。

Amazonで大木亜希子の小説『人生に詰んだ元アイドルは、赤の他人のおっさんと住む選択をした』をチェックする

さっさが使っている読書端末KindleOasisをAmazonでチェックする

スポンサーリンク
ABOUT ME
さっさ
さっさ
塾講師。読書家。
1982年生まれ。愛知県一宮市の塾講師。読書量は年間100冊以上。勉強のやり方、自己啓発や心理学、ビジネスや哲学関連は読み尽くし、現在は小説が中心。読了記録を書き残しています。参考になればうれしいです。
記事URLをコピーしました